やすらぎ
新宿店

トップ  /  脊柱管狭窄症

脊柱管狭窄症

~脊柱管狭窄症ってどんな病気なの?
背骨には、脳から続く神経である脊髄が通るトンネルがあります。これを脊柱管と呼びます。

脊柱管狭窄症とは、骨や靭帯の肥厚、椎間板の突出などで、脊柱管が狭くなり、脊髄が圧迫され、腰の痛みや脚のしびれなどの症状を起こすものです。

加齢により骨や靭帯などが変性して起こることが多く、椎間板ヘルニアに比べ50代以降の高齢者に多くみられます。

主な症状は、長い時間立っていると臀部痛や下肢痛が起こり、数分歩くと症状が酷くなり、しばらく休むとまた歩けるようになる「間欠跛行(かんけつはこう)」が典型的な症状です。
~どんな風に良くなるの?
腰痛では加齢や体重増加が原因とされる場合が多くありますが、やすらぎでは腰痛(ヘルニアや脊柱管狭窄症を含む)の原因を、周辺の筋肉の異常緊張や、仕事などでの姿勢による背骨への負担の増加、生活習慣からの椎間板の弾力低下などと考えています。

筋肉の緊張を取るだけでなく、自己回復力を上げ椎間板の回復・背骨の捻じれ歪みの修正により改善してゆきます。

潰れた椎間板も、施術を繰り返すことで手術なしでの回復を目指します。

VOICE

症状一覧へ